[マレーシア交通] ②Uberの登録方法:便利でボッタクリのないタクシーアプリ

スポンサードリンク

管理人Junnaです。先回の記事で、マレーシアでUberを使って非常に重宝して感動したことを書きました。

Uberを利用した感想:マレーシアで初Uber (Uber X) 。感動しました!

日本ではUberの本来の使い方はできず、提携タクシーの利用のみ、ということもここで書きましたが、使ってみたいという方もいるかと思うので、今回ここでUberの登録方法をまとめてみたいと思います。

海外でタクシーを利用することが想定される方にもよさそうです。ここマレーシアだけでなく、海外各地ではUberを重宝しているという声があちらこちらから聞こえてきます。
 

Uberの登録方法・利用方法・登録に必要なもの

まず、Uberを登録して使うにあたって、絶対必要なものは・・・

・スマートフォン(SMSが届く電話番号がついているもの)
・クレジットカード(またはVisa, Masterがついたデビットカード)

Uberアプリをダウンロート、インストールする

以下URLから登録すると、RM10(10マレーシアリンギット)の初回割引が受けられます。

初回RM10割引が受けられるUber登録フォーム
 

※ただ、ここからの登録と利用は誰でもできるけれど、RM10の割引ということでマレーシア通貨になっているため、割引はマレーシア国内だけの可能性もあります。

スマホからUberアプリを探し、ダウンロード・インストールします。以下はアンドロイドの場合です。

「Uber」という文字だけの一番最初に出てくるものです。そちら「Uber」をタップしてダウンロード・インストール。

14658209413520_noexif

(私はスマホが英語環境、かつすでにインストール済みの状態で画面をキャプチャーしたので、「INSTALLED」と出ています)
 

インストールまで終わると、登録画面が出てきます(これも私のスマホが英語環境にて英語になってますが、日本語環境なら日本語になるはずです)。登録をクリックし、登録します。

14657431140240_noexif
 

次にこんな感じの画面が出てくるはずです。FacebookアカウントやGoogle+アカウントを使って登録もできます。

それらを使う場合も、使わない場合も、いずれにせよ電話番号の入力・登録・認証作業、そしてカード情報の登録は、この後に出てくることとなります。

14657431277101_noexif
 

認証コードが登録電話番号にSMSで届くので、それを画面に入力。登録完了です。

次記事Uberの使い方:便利なタクシーアプリ・Uberの利用方法に続きます。
 
 

スポンサードリンク

こちらの記事もよかったらどうぞ^_^