[マレーシア交通] ①Uberの感想:マレーシアで初の配車アプリUber。感動!

スポンサードリンク

管理人Junnaです。このたび初めてUberをこちらマレーシアで使ってみました。

そうしたらUberが予想してた以上に素晴らしく、はっきり言って感動しました!

今までクアラルンプールの市街におり、電車バスだけで行動できていましたが、少し前に街外れに引っ越したことで足としてタクシーを利用することとなりました。
 

最初はUberとは別の、Uberの類似サービスGrabTaxiを利用

で、最初はGrabTaxiという、アジア版Uberのようなサービスを使っていたのです。

(GrabTaxiについてもまたまとめますね)

Uberはカード利用オンリーと聞いていたけれど、乗車するたびにカード払いしないといけないのかと勝手に思い込んでいました。GrabTaxiが、その都度現金払いだったからです。

満足はしたのですが、通常のタクシーと同様、細かい現金を常に用意しておかないとなりません(大きなお札だとお釣りがない)。※今はカードもあるようです。

そしてGrabTaxiのサービスを使ってはいるものの、配車されるのは通常のタクシーです。

そしてある時、GrabTaxiで、通常タクシーの料金よりもだいぶ高くなりました。

であれば、GrabTaxiやMyteksiのステッカーのある通常タクシーならばどうせ同じタクシー、かつどうせ現金払いだし、GrabTaxiを使って高くなってしまうのであれば、わざわざGrabTaxiを使わなくて良いことになります。

GrabTaxiの割増設定なのか(時間的に)、それとも運転手にボラレたのかわかりませんが、そのあたり不明瞭なのに高くなるのでは腑に落ちない思いをしました。

もちろん、安くなるというお金理由だけではなく、GrabTaxiを使うことで安全を確保できるというセキュリティ理由もあるのですが…。

(※女性1人のタクシー利用は、場合によっては危険もあるという認識がこちらでは必要です。危険でないとしても、運転や態度が荒いことが。もちろん良い運転手もおり非常に親切にしてもらったこともあり、何に当たるかわからないロシアンルーレット状態です)
 

ペナンでも、これだけ料金的に違いました。通常タクシーが交渉制でボッタクリ的価格というのが1つにあります。


 

Uberに初めてトライ、カード事前登録&引き落としで支払いも簡単便利

そんな時に、Uberを試したんです。

どうしてもっと早くにUberを試さなかったのかというと、私のスマホの容量がいっぱい近くなっていて、スマホにダウンロード&インストールができなかったというおバカな理由です。笑

アプリやファイルを整理してダウンロード&インストール。早速使い始めました。

カードは、Uberにあらかじめ登録しておきます。そうすることで、登録してあるカードから毎回引き落とされるため、その都度支払いをしなくてもよくなります。

これが、ストレスフリーで本当に楽だったのです。


 

新しい車や高級車であったり、運転手の身なりや対応がしっかりしている

それだけではありません。

Uberで配車されるのは、Uber運転手さんの所有する自家用車です。そしてその自家用車が、けっこう良い車であることが多いんですね。シトロエンだったり、トヨタの新車だったりしました。

また運転手さんの身なりや持ち物などがきちっとしており、普通のタクシー運転手さんとは一線を画していました。いわば、セレブっぽい感じの運転手さんがこれまで多かったのです。

一度Uber運転手さんに聞きましたが、本業などを別で持っていて、Uberは副業でやっているとのこと。そして別の方いわく、Uberの運転手は、比較的裕福な人や、知的職業の人が副業でやってるケースが多いと言います。

運転手さんの応対もとてもよかったです!

2016/12/27追記

この記事を書いた時に比べて現在はUberに登録する車がかなり増えたようで、現在は上記に書いた時ほどの質の良さは減ってるかもしれません。ただ嫌な思いをしたことはほとんどないです。相変わらずメータータクシーはぼったくりも存在するし…。

 

素晴らしい対応・サービスである上に、通常タクシーより安い

そしてそれだけ素晴らしいサービスなのに、通常タクシーよりも安いのです。


 

もう今の私にとってはUberはすっかり必需品になってしまいました。

記事が長くなったので、別記事でUberの登録方法を図解付きにてまとめました。

②Uberの登録方法:便利でボッタクリのないタクシーアプリ

③Uberの使い方:便利なタクシーアプリ・Uberの利用方法

※マレーシアのUberは、Uber Xという、ドライバーの自家用車を使っての配車サービスになります。

日本にもUberの台頭はしてきているようですが、日本ではタクシー会社との提携に留まっており、マレーシアで私が経験した自家用車のUber Xとしてのサービスは、日本では白タク規制が存在するため導入されていないとのことで、日本では同じUber Xサービスの体験はできません。
 

スポンサードリンク

こちらの記事もよかったらどうぞ^_^